<<< 03年07月以降のDailycolumnはこちらから


2003.6/15「閉塞した恋人関係とランディ」

今一押しのコンテンツ、インド旅記。
特に第5章は、読み返して、暖かい気持ちと汗が蒸し返した。


心理学実験をきっかけに、
1週間前から:ちゅーマウスと付き合っている。
実験室での、毎日1時間ほどのデート。

その部屋は地下にある。
窓がひとつもない、閉ざされた空間。
癒しと欝、紙一重のひとときを味わいながら。
これから、1ヵ月‥

ケータイカメラを片手にヤツを追う。
はしゃぐ、撮る、喜ぶ。
親バカ?ハンディーカム・パパ?

これからも親バカ日記を、綴ろう。


ところで、久々に凄い知的興奮を味わう機会がありました。
倫理学の授業なんだけど、月1くらいで開かれて、毎回講師が変わる。
5限に講義があった後、6限はそれをもとにした討論。
有名どころでは、猪瀬直樹・鷲田清一などが講義しに来る。

生徒も20人ぐらいの小さな教室での授業なんだけれど、
シンポジウムに参加しているメンツが凄い。
内山節などの哲学者、宗教学畑の人、
そしてなぜか、かの有名なコラムニスト(小説家?)、田口ランディ。

彼女のメルマガは身体的な感性に溢れていたので、
一時期、愛読していた。
インターネットで爆発的な人気が出て、世に名をはせた、彼女。
まさか彼女にこんなところで、
しかもこんな身近な形で出会うとは予想だにしていなかった。
斜め前に座るランディをまじまじと観察。
うーん、メモ魔。
(もっとも盗作女王としての悪評が存在するのも確かだが)

それにしても、学問畑の人々と、ランディみたいな感覚派コラムニストの、
東大の授業という場での語りあい/混じりあいは、
脳を揺さぶる。新鮮。
しかもごく少人数の授業なのに。
なぜ彼女がいるのかはわからないが、
これはなにやら面白いことになりそうだ。
ネット上での彼女の悪評の真偽を確かめる意味でも。

ちなみに先週は、「地球学的人間論」というタイトルで、
天文学者の松井孝典さんが、
宇宙的な視点から現代の人間を語りなおす必要性を説いていた。
これ自体もexitingだったのだが、詳細については、
またちょくちょく紹介しますね。

2003.5/30「夏草とともに」

蝉がながい地下生活の後に突然鳴き出すように
何かが自分を突き動かした。ふたたび、表現しようかなと思いまして。

早くも大学3回生になりました。
偉そうなコトばっか言って、相変わらずハッタリかまして生きてます。

あまりに久々なんで、リニューアル後の更新状況をまとめます。
1.レイアウトが一新☆
2.映画レヴューを大幅追加!(Movieのコーナー)書評もけっこう追加☆(Booksのコーナー)
3.宗教とアイデンティティ・臨床心理学についての文章を新たに追加☆(Universityのページ)
4.けっこう濃い大学受験情報をアップ☆(Examinationページ)
5.高校時代に書いた小説・旅行記・独白などを整理・再アップ☆(Seaのページ)
そして‥
6.インド独り旅の旅行記を一挙にアップ☆(Indiaのページ)

少しでも通ずるところがあると思ったら、
軽く一声かけてやってくださいね。


#↓久々に読み返したら、当時の恋愛が目の前を横切って、少し立ちくらみした。

2001.10/17「rhythm」

リズムが刻まれる。
その上にメロディが流れる。

耳に焼きつく。
ちょっぴり変わった、だけど規則的なリズム。
それに心を預ける。それの上に横になる。
その場所から、メロディに心を合わせる。
だから心地よい。

リズムの力。
それのおかげで、メロディの色合いがぱっと変わる。
1を5へと拡げる力。
その上にあるものを、彩る、力。

心に焼きつく。
ちょっぴり変わった、だけど規則的なリズム。
それに心を預ける。それの上に横になる。
その場所から、世界に踏み出してみる。
だから心地よい。

リズムの力。
それのおかげで、世界の色合いがぱっと変わる。
1を5へと拡げる力。
その上にある私を、彩る、力。

それは、なに?
だれ?


胸の中で、リズム。
いつもありがとね。

2001.10/16「recollection」

季節が回転している。
ふと感じた空気の凛。
心は、あっ、と反応する。
思い出すのはあの場所。

クリスマスの頃。
空気は緊張し、イルミネーションが切実に訴えかけてくる。
その神々しい光全部に裏切られて、
ひとり歩いて、手をすりあわせた。
たしかに、あの場所。

今年はあたたかく通りを抜けられるかな。
今年はあたたかく待ち合わせ場所にただずめるかな。

ね、と訴えかけてみるよ。
ちょっぴりにやつきながら。
ね。

2001.10/14「あの人のらせん」

イケてる・イケてないのセレクション。
自分の中でね。相手を。
意識してかせずか、
でも確実に行ってる。

センス悪いやつはいやだし、
一緒にいるのもできればいや。
心の奥のほうで、少し、いやかなり、そう思ってる。

あの人はいつも気づかせてくれるけど。
それは結構もったいないな、って。
あの人があまりにもイケてて、
でも誰にでも価値を見出して、
いろいろなことをらせん状に吸収していくから。

俺もそのらせんに吸収されていく中で、あの人を見てた。
あの人の深さは、底なし沼のようだった。
一番恐ろしいのはあの人なんだ。
あの人は、ものの掴みかたを知ってる。

その態度の違いは、自分を照らす鏡。
あの人の自分に対する自信は、ジョンソンクルー。
俺はちっぽけで息が上がっちまって。
鏡を曇らせて。

いつかさ。
遺伝子のような深遠な、
あの「らせん」を、
俺も自分の中に持つことができるのかな。

2001.3/01「sorry so...」

すいません。
やはり、試験に向けて集中するため、3月の13日までお休みさせてください。
どうしても、、、

2001.2/26「自分で歩く街並み」

最近授業は無いのになにかと高校に通うことが多い。(卒業に向けて困難な課題を
解消する必要があって←追試)

太陽がかなり自己主張し始めた、午前10時過ぎに校門をくぐる。
静寂の支配。
当然、イトシイ後輩達は普通に教室で授業を受けてるわけで。
ただ薄青い空と、木と、テカテカしてる車と、なんとなく空ろな雰囲気が、自分の周りを取
り囲んでいる。
あえて言えば、マッタリした感じかな。

そういう時、ふと立ち止まって、そこら辺に適当に座って。
時間が止まっているようなリッチな感覚に、ニヤリとする。

普段の生活パターンから抜け出し、ゆっくりと行動してみること。
まわりの環境の流れに沿って歩んでいるのではなく、
自分自身が、回りの環境の中を、踏みしめながら歩いているような気になる。
すると、すごく満足な気持ちになる。
こういう感覚抱いたことのある人、結構いると思う。

遅刻したときも、同様の感覚を抱く。
そういえば、一番静かな時間帯は、
深夜ではなく午前10時ごろだ、と言った小説家がいたけれど。
だから遅刻を止められない。
なんて、言い訳。

2001.2/26「トリアエズのマッタリ」

慶應SFC合格。祝。
「合格」は保険じゃあないけれど、とりあえずほっとした。
それが正直な、全ての実感。

心に区切りがついたというか。
確実に今春の4月で、今の自分の置かれた状態から変化するから。
明らかな変化を迎える春の前って、少しだけドキドキするよね。
そして、今の生活が妙に懐かしいものに思われ、
ふと意識した瞬間瞬間が、切なく感じられたりする。
失うってわかったものは、その瞬間から特別なものになる。

ナニワともあれ、生活のコペルニクス的転回が保障されたことが、
不確かな安堵へとつながりつつある。
まだ試験はあるのに。

2001.2/25「消極的な幸福論」

小論文で読んだ資料からヒトコト。

ショーペンハウエル曰く、
この世の中には、<不幸でないという幸せ>しかないらしい。
つまり、<欠如>(何かしらの不満)からの解放が幸福。
その意味で、人は決して幸福な状態を維持することが出来ない。
<欠如>を満たしたという実感が終わったら、幸福感は消えてしまうから。

後から振り返ってはじめて(<欠如>した状態から満ち足りていた状態を振り返って)、
幸せだったと感じることが出来る。(親が生きてるうちに親孝行を・・・)
あるいは、
<欠如>した状態を解消して(望むものを手に入れて)幸せを味わったのもつかの間、
ヒトはまた<欠如>を見出し、苦しむ。(スノボ手に入れた→ブーツ欲しい→旅行代欲しい
)

その意味で、
幸せになりたい!
という欲求の強いヒトほど苦しむことになるという。

言われてみればあたりまえの事。
筑紫哲也の「幸福論」に幸せへのヒントがあるわけでもなく、
自分の<欠如>を満たせば、瞬間として幸福になる。

考えてみる。確かにそうだ。
気に入らないヘアスタイル・ファッション*トモダチ・コイビト。
いろんなことを<欠如>(満ち足りない状態)だと考える。
それは、それを解消すれば「幸福」が手に入ると、
潜在意識下で期待しているからなのかもしれない。(幻でも)

But。そうしたら、ずっとシアワセといたちごっこかもね。

#読み返しみて
あたりまえすぎる論だな。(当たり前の事を意識的に再確認するのも効果的だろうけど)
ショーペンハウエルという素材を活かしきれない
自分の力不足に、悔しため息。

2001.2/24「冬春」

冬は過ぎてゆく。ほとんど春。
吹く風が、どこか凛としていなくて、けだるいから。
実は、そのことに文句を言いたくなるんだけれど。

春といえば、変化。桜の花びらのように、いろんな人がいろんなところへ舞ってゆく。

その時が、一番美しく、そして切ないのかもしれない。

2001.2/23「日記再開へのお詫び」

HPの日記だけでも再開しようと思った。
それが出来るだけの状況になったと思った。
まだ3月13日に東大文三後期試験を控えているけれど、それでも日記をはじめようと思っ
た。

ずいぶんと長い間、ネットの世界から足を洗っていた。良くも悪くも、自由だった。
意外に読者が集まったメールマガジンはいつのまにか<廃刊>されてるし、
読者だった人には、感謝の意と、お詫びを申し上げます。
心から。

SFC の合格発表を26日に控えて。何とか受かりそうなんだけれど。
T大が本命だって言い聞かせているのに。テンションがあがらない。
たいしてお勉強に励めない。

怖いね自分、uncontrolable。
こんなときは、自習室に行って、
まわりの環境から自分をインスパイアーするのがいいんだろうけど
それすら面倒臭くて、
<自己嫌悪>だなんて言ってる自分に吐き気。

5/15「ヒトが死んで考えるけれど、そして」
ヒトの死を見て、何かいつ も必ず思うけど、

大切なのは、
そのとき思うだけじゃなくて、
半年後、一 年後にまだその気持ちがあるか、ってこと。

人間って、良くも悪くも、すぐ忘れち ゃう。

そこが好きでもあるけれど。


5/12「kiss」
肌と肌で、
触れて、
感じ取る。
誤解なんか、いらない。

口が、あまり にも、時に、回りすぎて、
お互い見えなくなっているんだよ。

自分の気持ちを コントロールできない、
ダイレクトな、スキンシップ。

何か言う前に。口を閉 じて。
そして。


5/11「自己の限界の虚像」
できるとおもったらできるしね。
できないとおもったらできない。
あたりまえなん だけど、ホントにそんな気がする。

限界を自分で決めれるほど、テメエは偉くない ってさ。


世界史の授業、資料集に独り落ちてたら、見つけたナポレオンの名言。
「余の一番の誇りは、30もの戦いの勝利ではなく、ナポレオン法典である」
民主化を成し遂げたことに、一番の誇りを持っていたんだね。

しかも、捕らえられて、島流しになった後の発言というから、
せつない。

このヒトって、知れば知るほどなんかせつないよ。


5/9「俺的なポジション」
自分より「カッコイイ」(キレイな)ヒトばっかの集団には
なぜか近づきにくくて、
無意識のうちに避けてない?

そのくせ、自分より「した」の集団の中では、変 に自己顕示したり。
気取ってみたり。

めちゃ滑稽じゃん、そんなの。やめなよ。
永遠に「そのレベル」だよ。

でも、知らず知らずのうちに、
自分もそうactしてた。ような気がする。

それが 怖いんだよね。


5/8「客を持つ店員」
4/14に書いたバイト先のオンナのコ。の話。

バイトには受験の関係でそれほど入ってなくて、
気が付くと彼女は人気者になってた。
野球部から工事現場のおっちゃんまで。
なんか、そんなの見ると、
じぶんが彼女と仲良くなった客をさばくのも悪い気がして、
「お待ちのお客様どうぞ」
て声かけにくかったりして、
すこしはがゆかったり。

でも、なぜか爽快なバイトだった。今日。
もうすぐ夏だね。


5/7「梅雨になりつつ」
ゴロゴロ踊り響く雷をBGMに、スーパードライで小トリップ。ベランダで、ひとり。
こんな時間を、大事にしたい。

もうすぐ梅雨で、今のうちに上向いて、
呼吸しておこう。

みずいろの空気を。


5/6「照れ」
コンドームを買う時の、ためらいが少なくなるのって、どのポイントだろ。

ふと考えた。


5/5「謙虚な一年」
今日、18歳。

苦節18年、こんなにも幸せなガキがまだ生き延びております。

無知の知、
なんていうけど、どれほど、
自分が無知なことを知るのが難しいことか 。

謙虚、
それは本当に崇高な事のような気がする。
少年の、18の、抱負。


4/17「職業柄ですから」
美容院で、カット。伸ばすか切るかの、葛藤。
「カリスマ」なサロン、ふかふかのソファで待たされるも、
あれほど居心地の悪いソファは初めてだ。

見るからにナル男、うようよ。その振り向き方が、とてもいとおしい。
何気に鏡で自分の顔を見てる。ぷぷ、いとおしいカリスマ候補生君たち。

いつも、切り終わったあと、気に入らない。帰り道は、いつも憂鬱。

ナル男君が、あまりに真剣に眉カットを薦めてくるので、
あまりにしんけんに整髪料について語るので、
毎日こんなことばっか考えてるのかな?とふと思考。

「カリスマ美容師」になるのは、大変そうなようです。

そしてもしかして、この批判は、
俺が自分のなるから目をそらすため?


4/16「猫と犬」
メールマガジンとやらを執筆。
今日はもう言葉が枯れた。

shitな嫉妬、とはテクニシャンな言葉遊び。さすがです。

テレビを傍観。思わぬCMに出くわす。得した気分。
「キャバレー、キャバレーキャッツ、
キャバレーキャッツへどうぞおこしください。ニ ャ〜オ〜ン」
ナレーション調から突然の高音域に、どう対応していいのか戸惑う。
直後、爆笑。

そういえばこの前見た映画、ストレイトストーリー。
表情だけでクライマックスを作れる職人たち。

ホレました。


4/15「自分に巻くもの」
相手にされないってつらい。
振り向かせたくて、ソトミを努力。
光るように。

カラダに包装紙を巻きすぎた。
ヒンシュク。

逆にいま、包装紙を無視。変な優越感。
オレは包装を気にしないオトコだ。って。

届かないプレゼント。
クラフト紙程度は必要なこと。痛感。


4/14「そのままで、笑顔」
バイト先のオンナのコが、まぶしい。
環境は、自分で造り出せる。笑顔は、桜の花びらを舞わせる。

かざらないこと。そのままに笑うこと。

悔しい。


4/13「板」
ワルイことでも、人に知られなければいい。そんなこともあるのかもしれない。

欲望の奴隷。
レイノモノを手に入れた。
雪原を、かけめぐれるレイノモノ。
正 義感の弱さに、刺す釘がない。

けどこぼれる笑み。喝!


4/12「自己正当化」
試験の前の高揚感。情けない自分への無力感。
そんなこんなで、家を飛び出した。

桜に透かした星がきれい。


4/11「オンナは顔次第のウソホント」
オンナは顔か?

オトコは、顔を通してオンナのココロを見る。
顔は、プロポーションと共に、
ココロが表現されるフィルター。

けど、ココロの まぶしさに、
顔が見えなくなっちゃうこともある。


4/10「あっ*」
香水は怖い。すれ違った時、胸がドキドキした。


4/9「写真を見て」
オレが恋した人たちへ。
素直に、イイカレシと付き合っててくれたらいいと、
ふと 考える。

ただのロマンチスト。


4/8「なる?」
カミガタに時間をかけすぎた。
家を出、ふと自分に嫌悪感。

待ち合わせに、定 刻おうばあ。
ものすごい嫌悪感。

「マックで許して」
自分のみみっちさ。 嫌悪塊。


3/12「コムロとMAX松浦はGLAYのジャンボ機に乗る」
テストの谷間の休日 。ベンキョーせずの今テスト期間、その最終日、最後のテストが終わりそうな、時計を見たらアト1分。 まわりがそわそわ、誰かが「まーえーて」と叫ぶ。テスト終了。でもって、友達と笑顔にな っても、そこにカイホウカンは薄く、ちょっとしらける、自分。勉強したテストの後は、カ イホウカンに満ちてた。これは、いえる。帰りの通学路を歩くと、なんか太陽マブシカッタ り。古今、カイホウカンないなぁ。こうは頭で思っても、ココロがついていかないこのココ ロ苦しさ。多分コレは、自分に課せられたノルマをこなすときに、共通してる心的態度とそ の結果。


3/11「へとへと」
とにかく、MUSIC/MOVIE/BOOKSのコーナーへいってみてくれ 。これから充実していく、リキサク。いや、疲れた。


3/10「スノボなおのぼりさん」
今日バイトの給料日なんだよね。だけど、取 りにいけない、自分。なーんでこんなにギクシャクしながらやらなくちゃいけんの?サイア クな店長、これからも体に気をつけて。ちなみに、先月3人やめたよね。俺も、いくから、 まっててね。今日はまだテスト、てすとです。帰り際、キースジャレットのピアノを聴いて いたわけですよ、私は。そしたら、なんかただの坂道が、すごくイタリアっぽく(白壁、白 い階段が続いていく、横から明るい日差しが差し込む)イメージだったわけ。こういうこと 、あるから、音楽はイイネ。ケシキヲカエウルオンガク。ココロと少し、共鳴しあったのか な。自分の世界作る音、これから探していきたいな、なんて。ふと思ったけど、田中麗奈→ ロングっぽい髪形になってた。こんだけで、少しオトナに見えるから、髪型って怖い。でも 、ショートにして垢抜けるコもいるしね。むしろショート好き。そういやあFineモデルの一 場ちあき、かわいー。水着姿が○。バイト中に、立ち読み。こんなだから、ファミマの店長 とは、今日もいがみ合い。

何でスノボやるかって、少しわかった。やってるとき、空があおいから。たいていは。雲が 、透明なフィルターみたい。すーって通り抜け。足つって転んでむかついて上見てそんな空 じゃ、またスノボ、ってなるのもわかる。でも多分俺と一部人の話。かも。


3/9「地下鉄サリン事件に、母は遭遇したそうな」
なんか、せつないよね。列 車、いや、地下鉄の事故。マスコミのあおり方、悲しみのあおり方は、超娯楽大作「タイタ ニック」、と通ずるものがあって、シラケたけれど。自分が死んでたら、笑えないし、やじ れないよ。やじらないか。でも、マスコミのは、やじ、っぽかった、ぞ。


2000.3/8「幸せな食卓。」
ジャズピアニスト、キースジャレットのピアノソロ。切なくなる。キーボー ドを打ち付け、それでいて、さらさらおかゆな質感を保つ旋律に名付けられた名は「 hourglass」、時のガラス瓶、つまり砂時計のこと。小学校埋めてきた恋心?ってか、もっと まじめなお話で。父親が脳の大手術を試みたのがもうどれぐらい前?8月10日だから、十 日だから、約半年前。彼は手術後言っていた。思っていた。「手術前のようには体は動かな いし、思ったこともしゃべれない。が、時の経過に体は癒され、回復し、元の生活のように 戻るはずだ」と。しかし半年経ち、頭打ちの回復度。もちろんかなり良くなったものの、以 前の状態の7割。最近苦悩する親父の顔に、それを見た俺は、自分の内面に向かって→。内 側に向かう思考。どんどんくる、落ちていく。思えば、今でも、そんな父を、とっても大切 には扱えない自分がいて、つい自己欲に走っちゃう自分がいて、「はしんなー」って呼びか けるけど、苦しむけど、選挙カーの自民党議員の演説並に耳傾けない自分がいるんだよね。

ちょっと自腹で「ロウジンリョク」なる本、はずかしながら、買った。プレゼントに。彼に 。いいんだよー、って言いたかった。砂時計なんだよって、病気も何もかも、これ読んでる 人だって砂時計なんだよ、って。落ちてってるよ、一定じゃないけど、君がほよほよ、って 揺らすから。時が流れてく。そして、変わっていくよ。受け入れてゆくよ。親父、だから手術で以前ほどしゃべれなくても手が動かなくても、それは老い だと思えばいいんだよ。誰しもそこまで、死にたくなるほど、追い詰められきって缶詰みた く凝縮されて、「苦悩の真空パック」状態な人はいないよね。長持ちするよー、なんて。親 父、ちょっと違う考え方もあるってわかってほしいな、なんて。でも、結局、ほらこんなに 甘えてる、自分がいやだ。こんなでいいと思ってるかもしれない俺の本心、わからへん。そ ろそろ映画見ようかな、やさしさのキアロスタミ。まだまだテスト。朝っぱらから日差しの まぶしさで頭が痛くなるまで。




Name
Mail(空白可)
内容の公開 不可

Homeへ戻る

mail to: amourix@gmail.com