April 12, 2004

東京大学教養学部 高校生対象公開講座

東京大学教養学部 高校生対象公開講座

平成16年度の夏学期のプログラムが決まりましたので、お知らせ致します。
受講対象は高校生ですが、一般の方の聴講も歓迎しております。

日時:毎週金曜日の午後6時から7時半まで。
場所:東京大学教養学部13号館1323教室。
参加登録:必要ありません。主催者側で出席カードを発行し毎回、出席を確認し捺印いたします。
参加費:無料です。ただし、事故等が発生した場合には責任を負えませんので、あらかじめ、ご了承ください。


第 1 回 4月16日 丹野義彦(生命環境) 「大学で心理学を学ぶ:心理学との出会い、心理学の面白さ」
第 2 回 4月23日 橋本毅彦(相関基礎・先端研) 「時計と時間の歴史」
第 3 回 4月30日 嶋田正和(システム) 「進化とはなんだろうか?」
第 4 回 5月 7日 石田英敬(言語情報) 「記号の知」
第 5 回 5月14日 船曳建夫(超域文化) 「日本人論の行方」
第 6 回 5月21日 村松真理子(地域文化) 「イタリア! イタリア!」
第 7 回 5月28日 石井 明(国際社会) 「国境紛争から地域協力への道ー中ロ関係の50年」
第 8 回 6月 4日 米谷民明(相関基礎) 「21世紀の物理学〜超弦理論とはどんなものか?」
第 9 回 6月11日 跡見順子(生命環境) 「人間生命科学入門:からだは細胞のすみか−−そしてあるじはわたし」
第10回 6月18日 池上高志(システム) 「認知と進化の複雑系理論」
第11回 6月25日 小森陽一(言語情報) 「21世紀に読み直す宮澤賢治」
第12回 7月 2日 今橋映子(超域文化) 「写真と異文化表象〜21世紀の対話のために」
第13回 7月 9日 三谷 博(地域文化) 「日本史の中の謎」
第14回 7月16日 山脇直司(国際社会) 「21世紀の日本社会を考える」

興味ある人なら出なきゃ損っしょ。マジで。無料!とにかくタダ!

投稿者 gen : April 12, 2004 09:23 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?