May 09, 2004

東大の新しいシンボルマーク

<東京大>新シンボルマークを商標登録 国立大でもUIの波

東京大学(佐々木毅学長)が新しいシンボルマークを作り、商標登録を出願していることが分かった。4月の国立大学法人化を機に、学生や卒業生の帰属意識を高めるのが狙い。同様の動きは他の国立大でも出始めており、ユニバーシティー・アイデンティティー(UI)作りの波が広がりつつある。

 東大によると、新マークは多摩美術大学の原田泰助教授(41)がデザインした。イチョウの葉2枚に「大學」の文字をあしらった既存マークを踏まえ、2枚の葉を残しつつ、上の葉に黄色、下の葉にスクールカラーの「淡青」色をつけた。原田助教授は「モダンで若々しいイメージを出した。伝統と新しさの折り合いをどうつけるか苦心した」と語る。

 東大は2月、新マークと「東大」のロゴマークに既存マークを加えた計5種類の商標登録を出願し、特許庁が審査中だ。新マークはホームページや名刺などで既に使われている。「東大アイデンティティ作業班」班長の渡辺浩副学長は「旧マークが消えるわけではないが、新マークは法人としての新たな出発のシンボル。日本の大学教育や学術研究をリードしていこうという決意の表れ」と話す。

 ( ´_ゝ`)フーン どれほどのものなのかとトップページに行ってみたところ

title.jpg

 金儲けて授業料安くしてくれ。人文系に研究費まわしてくれ

投稿者 gen : May 9, 2004 05:38 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?