March 31, 2005

ハーバード主催の学生国際会議でアジアについて語れ!

HPAIR(Harvard Project for Asian and International Relations)とは?  HPAIR は、アジア太平洋地域を取り巻く国際問題に関心をもつ世界の学生の交流のために、ハーバード大学を中心に1991年に設立されました。現在世界12ヶ国26大学にネットワーククラブが存在し、今年で13回目の開催となります。今年は、1991年以来初めて日本での開催が決定しました。毎年3000以上の応募から世界33カ国以上500人の人が集まり、アジアと国際問題について、熱く議論を行います。 もちろん、議論だけではなく事前周遊ツアーやInternational nightそしてHPAIR最後の夜を豪華に飾るGala Partyなど分科会を超えた交流ができる事は間違いありません。 年に一回のチャンス!是非参加してくださいね!

■今年のHPAIRは?
◇テーマ:『Futuring Asia:Contemporary Challenges and Emerging Realities』
◇開催地:東京(日本)
◇共催:東京大学/六本木ヒルズ
◇宿泊場所:ANA全日空ホテル(交渉中)
◇開催日程:2005年8月22日〜25日
◇費用:300$

◇分科会テーマ
Interest, institutions and identities
東アジアにおける安全保障政策
A Matter of Trust
市民社会における信頼の役割とアジアにおける法の役割
Higher Education and Active Citizen Ship
高等教育:東アジアにおける大学の公共的役割
Reinventing Diaspora
ディアスポラ再考:移民を通して見るグローバリゼーション
Visualizing Asia
現代アジア芸術における世界と国の文化
Global Health Systems
グローバル・ヘルスケア・システム―より高い水準を目指して―
※分科会では3日目にField Tripが組まれることがあります。

◇International Night(国際文化交流会)
 各国の代表者たちが、参加者の前で出し物を披露。伝統舞踊や、歌や音楽、さまざまな国が参加しているからこその楽しみです。もちろん、皆さんも参加しますよ!

 アジアを研究したいなら間違いなく(モチベーションを高めるという意味で)オススメだけれども、個人的には、興味ある人はどうぞ、という感じかな。

投稿者 gen : March 31, 2005 06:12 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?