March 31, 2004

東大生協のページ、去年の入学生の語学履修状況

東大生協、2004年度受験生のページ

 ここに2003年度の第2外国語履修状況が載ってました。

lag.jpg

 中国語がここまで伸びてきているとは知らなかった。一方、ドイツ語が文系では比較的不人気なのにも少々驚かされる。

 自分はかつてフランス語を選択した。好きな思想家が多かったから、そして何といっても仏語の音が好きだったから。純粋なる人文的関心で選んだ感じ。中国はほぼ間違いなくアジアのリーダーの座を勝ち取るでしょう。経済・社会的視点(社会科学的関心)を強く持つ入学生はおそらく中国語を選択する傾向が強かったんでしょうね。もう少し詳しい統計を探してみますか。

 クラスは語学によって分けられる。だから似た関心を持つ人にめぐり合いやすい。さて、あなたはどんな理由で、どの語学を選択するのでしょう。ちなみに某教授の家に遊びにいった時、彼が語るところによれば、「そのうち文系は第二外国語をふたつ必修として取ってもらいますよ」とのこと。実際に会議では何回も検討されているらしい。さて‥

March 28, 2004

東大生インタビュー

 比較的目立つアクションを起こしてきた東大生へのインタビュー集。ここの中段の吉村ひでき、奴の行動力は確かに凄いんだよなー。最近遊んでないけど。あと六条華は、女優としての凄み・良さは正直理解できない。方向性としては櫻井よしこみたいな形で売れるのかも。

東大生のHP

 うちのサイトなんかは顔写真まで晒して失うものがもう何もないわけですが、実は東大生が授業で強制的に作らされた?ホームページをこそーり見ることができたりする。たいていは力入ってないからつまんないけど、どこかひっかかるのがあるかも。参考までに。

March 26, 2004

公開講座

東京大学公開講座「はじまり」

東京大学はこの4月から、国立大学法人として新たな「はじまり」を迎えます。この機会に、さまざまな学問領域において「はじまり」を振り返り、それを通じて未来を考えることを目指して、第101回の公開講座を企画いたしました。 

 公開講座なんてのがあるみたいですよ。普通に面白そう。4月3日から開催。定員まだ空いてるかは謎だけど、駒場キャンパスでのネット中継もあるみたいだから、興味ある方は急げ!(1日1000円、高校生は半額)以下、個人的に興味持った講座。

講義題目:生命のはじまり  新領域創成科学研究科・教授  渡 邊  公 綱

 地球上に生命が誕生したのは今からおよそ38億年前と推定されている。原始地球上に存在した簡単な物質から次第に複雑な物質が合成されてゆき、自己複製できる原始遺伝子が誕生し、それを中心に現在の細胞の原型ができたものと考えられる。近年、原始遺伝子はRNAであり、それが蛋白質を合成するための翻訳装置を創造したことが生命誕生のきっかけになったという「RNAワールド仮説」が広く認知されるようになった。この説を中心に生命のはじまりを解説する。

講義題目:ヨーロッパ統合のはじまり  経済学研究科・教授  廣 田    功

 欧州連合EUの新たな拡大を控えたヨーロッパ統合の歴史は、ほぼ半世紀に達する。しかし統合の起源とその目的は必ずしも自明なことではない。起源については、制度のはじまりだけでなく、思想や運動まで含めるか否かによって違いが生じる。目的もさまざまであり、また「国益」と統合との関係も複雑である。講義では、起源と目的をめぐるさまざまな考え方を説明しながら、ヨーロッパ統合が持つ多面的な顔の一端を明らかにする。

講義題目:仏教のはじまり  人文社会系研究科・助教授  下 田  正 弘

 生まれ故郷のインドをはるかに越えて広がった仏教は、異世界の人びとが信じた神々とともにありながら、そこをまったく新たな世界に変えてきた。唯一絶対の存在を立てることなく、無常、無我、空という思想を核として、いかにして人びとを苦悩から救いえたのか。受け入れがたいできごとをとおして、他者との本来的出会いを果たそうとする仏教の面目は、その歴史のはじまりにおいて、すでに明らかである。

March 24, 2004

東大後期試験試験科目、公式発表

平成18年度東京大学入学者選抜における実施教科・科目等について

 平成18年までは、後期試験が今までどおりの方式で安泰ということが公式発表。

2004オープンキャンパス情報

2004 東京大学オープンキャンパス

 2004東京大学オープンキャンパスは、平成16年8月2日(月)本郷キャンパス、8月3日(火)駒場キャンパスで開催される予定です。詳しい内容が決まり次第、このページに掲載いたしますので、もうしばらくお待ちください。

 オープンキャンパスの日程がもう決まっているみたい。ただ、去年は定員が「1日目:本郷キャンパス 約1,200名程度、2日目:駒場キャンパス 約 600名程度(両キャンパスとも定員を超えた場合は抽選とします。)」で、(申込期間)「平成15年6月20日(金)以降の消印から受付を開始し、7月3日(木)までの到着分とします。(結果は、7月15日(火)頃発送する予定です。)」って感じだったみたい。

 だから今年もそのくらいに申し込み受付があるはず。でも、ぶっちゃけ抽選漏れても、もぐればいいだけの話。もぐりたい人には、もぐりかたをこそーり教えるかも。

東大のコンピュータ

imac.jpg

【ECCS】iMacの新端末を導入
 教育用計算機システム(ECCS)の新システムが1日から稼働し、1150台の標準端末がアップルコンピュータ社製の「iMac」に置き換えられた。

 今まではUnixLinuxマシンがたくさん配置されてました。Windowsを利用したい場合は、サーバー上にインストールされたWindowsNTにログインするという形で、WordやExcelなどが利用可能だった。けれど、なんとこの43月から学内にiMacが一斉に配備され、置き換えられるという。

 Win環境はどうなってしまうんだろ。Macの操作覚えんのが面倒くさいし、そんな金があるなら授業料安くして欲しい。でも、慣れないものに慣れるってのも悪くはないか。さて。もうすぐ実機レポを?

↓実際に、駒場の情報棟(コンピュータルーム)は今までこんな感じだったりした。iMacでイメージ変わるかな?にしてもこの写真、世間が抱くイメージを見事に演じておりますな。

eccs2.jpg

March 23, 2004

東大を紹介するBlogはじめました。

 これは大学受験攻略法の一コンテンツとして、「東大って実際どんなとこなのよ?」という疑問に答えるべくはじめました。

 東大入学とは関係なくとも、一般の人に「今東大でこんな面白いイベントやってるよ?」というのを自分なりに整理し告知してみよう、という目的がひとつ。大学受験生が「この大学行きてーなぁ」とか思ってもらえるように、やる気を鼓舞する目的が二つ目。また、東大に入学後、進振りなどを効率的にすり抜けてもらうための俺なりのコツを伝授する目的が三つ目。意外と入試情報よりもこういうのが楽しかったりするかも。

 不定期更新ですが、個人的な感想も含めていろいろ紹介していこうと思っているので、息抜きなどにどうぞ。もちろん各記事へのコメント、トラックバックも全然受け付けています。自由に書き込んで楽しんでください。